ツボ指圧セラピスト講座 リタジネン指圧スキルアップ講座 公認修了証取得

menu

リタジネンセラピストスクール公式サイト RITAJINENN THERAPIST SCHOOL

【特典付】【リタジネン解剖経穴講座10/15(月)15時受付開始】

リタジネン水谷です。

先日のblogでは

セラピストが「筋肉」について感じる悩みとその理由について書きました。

https://ameblo.jp/rita32/entry-12400921286.html

「らせん」のようにつながり絡みあい重なり合う筋肉はまさに「人体の立体パズル」

本や3Dの立体アプリで見たイメージと、実際の施術で衣服の上から触れる筋肉の束感とはかなり違うのも事実ですよね。

【筋の悩みを解決してくれる本が無い】

「プロメテウス解剖学アトラス」や、セラピスト向けの「クリニカルマッサージ」など良い本もありますが、海外の翻訳本で、スリップさせる手技であったりと、指圧やツボのポイントともズレを感じてしまう部分もありました。

リタジネン講座を開始してから3年間、ツボ指圧の効かせどころを伝えるには

「筋のへり」のイメージや「筋の深さ」のイメージが大事とお伝えしてきましたが、

なかなかコレだという本は無い。。

「無いならば自分で作ろう解剖資料」

そう思って、セラピストフェス2017用に実物大のうつぶせの人体骨格をバスタオルに描き、

リタジネン手技講座では実物大の筋肉サンプルやツボの位置を示してきました。

【セラピストの悩みを解決】

来月の講座で初使用する解剖経穴タオルは、水谷自身がセラピストとして感じてきた悩みや疑問を解決する為の、自作の「セラピスト専用の教科書」なのです。

【わかりやすさを追求】

ここで今回等身大タオル資料を作るにあたり、もう1回原点に立ち返って

「いちばん筋肉がわかりやすい方法」について考えてみました。

複雑な構造の筋を理解する為に、昨年開催したリタジネン中国解剖実習や、実物大骨格模型、医師向けの医学書や、看護師やPT向けの書籍、セラピスト向けの書籍など、複雑な筋の構造を再勉強してから

「とにかくわかりやすい筋肉イメージ」

をカラーのイメージで浮かぶまで何度も何度も画を描きました。

【半裸の写真とデッサン】

ベッドでうつぶせになった半裸の自身の写真を撮影し、それを拡大コピーしてベッドに置いてみたり、等身大の骨格模型やツボ人形をベッドに寝かせてみたり。

おかげで「変態かよ」というくらい、自室にはうつぶせの画像や筋のデッサンや実物大の筋の切り抜きが、壁一面に。

等身大骨格標本と等身大ツボ人形などと入り交じって常にディスプレイされた中で「人体イメージ」を描いていました。

最初は怖がっていた子供も、見るうちに「最長筋」とか「ヒラメ筋」とか覚えてました。

それくらい視覚イメージは誰にでもわかりやすいのだなと思います。

【セラピストにとって必要な筋の理解とは?】

水谷なりに、究極に結論しますと、

マッサージセラピストに必要な筋の理解とは

「起始停止」や「筋の名前」

よりも

「筋肉のラインや深さのリアルな視覚イメージ」です。

なんとなくではなく、

「透けるくらい」に「カラー」で「リアル」に筋を「視覚イメージ化」する事

ができれば、

複雑な「人体パズル」のような「筋」は、

セラピストにとって最強の武器となります。

【視覚イメージのコツ】

ここで解剖と経穴に没頭した作業の中で見つけた、水谷なりの「わかりやすい筋肉イメージ方法」を3つ挙げます。

その3つとは、

1、実物大でイメージする事

2、筋のカタチと束感をイメージする事

3、3Dの筋肉を2Dでイメージする事

1、本や医学書のサイズで見るのと、実際の人体のサイズは違うので、実物大でイメージするのが大事。

実物大というのが1番の水谷のこだわりです。

本をコンビニで実物大に拡大コピーするのもアリです。

2、起始停止よりも筋のカタチやライン、束感をイメージすべし。

起始停止だけではイメージが困難、筋のラインを施術中でもイメージし続ける練習を。

筋膜のラインはアロママッサージや経絡のイメージにもつながります

3、おしりや肩ってマッサージ難しいですよね?理由は立体(3D)だからです。

立体(3D)の筋をイメージする方法はまず平面(2D)で理解する事

カーナビの地図も立体表示が見づらいのと理由は同じ。人体の地図もまずは平面でイメージを。

この3つのポイントを意識して実際の人体の効かせどころや、立体的な筋肉の重なりやラインのイメージを、実物大の平面図一枚にまとめ、リタジネン式の解剖経穴タオルとしてカラーで再現しました。

筋がわかりやすくイメージできて、なおかつプロセラピストに必須の「効かせどころ」もわかるよう、筋肉との位置関係が一目でわかるよう、反対側にリタジネンの厳選響きツボも収録。

骨と筋からみた西洋医学的な解剖イメージと、

経絡や経穴からみた東洋医学的なイメージ、

西洋と東洋の両面から、ベッド上での人物の背中を描きました。

背中にかけるだけで、「人体解剖とツボが透けて見える」タオル。

それもセラピスト専用の解剖経穴教科書となると、たぶん日本初?!の教材だと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【リタジネン解剖経穴講座10/15(月曜)15時受付開始】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そんなセラピスト業界初?!の実物大タオルを使用する、

リタジネン式解剖経穴講座を東京名古屋京都の3都市で開催します。

1121日(水)12時~15時@東京(亀戸ライティングハウス)

1126日(月)12時~15時@名古屋(久屋大通駅徒歩5分の会場)

1127日(火)12時~15時@京都(京都駅徒歩2分の会場)

講座の詳細と、3会場での講座受付は今週1014日(日曜)の15時にお送りするメールマガジンで一斉受付を開始させていただきます。

☆リタジネンDVDをご購入いただいた方だけでなく、今までリタジネン講座に参加いただいた事がある方も特別価格でご招待します。

【特典付き!】

☆完成記念イベントとして、参加特典プレゼントもご用意します!

それでは10/15(月曜)15時の告知開始と特典発表をお待ちください。

多くの方々と再びお会いできる事を楽しみにしています。

~他を思い自然と共に~

利他自然

水谷平

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年10月
« 7月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031